トップページ > 予防接種

各種予防接種

当クリニックでは、各種予防接種を行っております。

こどものワクチンである四種混合ワクチン(DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ))または三種混合ワクチン(DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風))、ポリオワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、 日本脳炎、MR(麻しん風しん混合)ワクチン、水痘(みずぼうそう)ワクチン、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ワクチン、ロタウイルスワクチン、B型肝炎ワクチン、子宮頸がんワクチン。 また、おとなのワクチンである成人用肺炎球菌ワクチンや各年齢層に対するインフルエンザワクチンなどを行っております。 (その他の予防接種についてはご相談下さい)

予防接種の種類

定期接種

予防接種法に基づいて接種されます。対象年齢の接種費用には自治体による公費助成が行われます。四種混合(DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ))、または三種混合ワクチン(DPT(ジフテリア・百日 咳・破傷風))、麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)、日本脳炎、ポリオ、結核(BCG)、高齢者のインフルエンザワクチンなど。

任意接種

希望者が各自、医療機関で受け、接種費用は全額自己負担となります。おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)、ロタウイルス、A型肝炎、B型肝炎、インフルエンザなど。

ワクチンの種類

生ワクチン:生きた病原体の毒性を弱めたもの。ロタウィルス、MR(麻しん風しん混合)、おたふく、水痘(みずぼうそう)、BCGなど。

不活化ワクチン:死んで毒性を失った病原体の成分のみのもの。百日咳、日本脳炎、インフルエンザワクチンなど。ワクチンの効果が弱いため、何度かの接種が必要になることが多いです。

予防接種間隔

このページの上へ

こどものワクチン

乳幼児期は、さまざまな病気に対して、抵抗力がなく感染症にかかりやすいです。感染症にかかることによって、その免疫ができ成長していくのですが、中には深刻な病状になり、時には命を落とす危険性もあります。その深刻な事態をワクチンの接種によって防ぐことができます。ワクチンは感染症の原因である細菌やウイルスをもとに、体に安全な状態にして精製したものです。ワクチンを接種することにより、免疫をつけ、抵抗力を作るということです。日本では、さまざまなワクチンがありますが、接種時期や内容については、お気軽にご相談ください。

四種混合(DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ))定期接種

三種混合 (DTP(ジフテリア・百日咳・破傷風)) 定期接種

ジフテリア

ジフテリア菌がのどなどについて起こる病気です。この菌は、ジフテリア毒素を大量に出して、神経や心臓の筋肉を侵します。熱が出ますが微熱のこともあります。のどの奥が白く見えることもあります。のどの炎症が強まって、空気の通り道がふさがり、そのために死亡することもあります。そして神経の麻痺が起こったり、心臓の筋肉に炎症が起こったりして死亡するケースが、現代の欧米でもみられます。

 
百日咳

百日せき菌と呼ばれる細菌がのどなどについて起こります。伝染力が強く、子供同士や大人からもまた、大人へも感染します。最初は鼻水とせきで、かぜと区別がつきません。そのうちに特徴的なせきが出てきて、そのせきの続く時間が長くなります。ひどくなると、息が出来ないくらい咳が続きます。その症状が2~3ヶ月続くことから、「百日せき」と言われる理由です。息ができなくなる無呼吸や、血液の中の酸素が減って、脳症を起こしたり、けいれんや、知能障害などを起こすこともあります。

 
破傷風

破傷風菌が、傷口から入って体の中で増え、筋肉をけいれんさせる破傷風菌毒素を大量に出すために起こる病気です。傷の大小にかかわらず起こります。けがをしてしばらくすると、顔の筋肉を動かしにくくなり、引きつった顔になり、口が開けにくくなってきます。その後全身の筋肉がいっせいに縮んで、けいれんが起こります。意識は侵されることがないので、大変痛く苦しい状態です。人から人へうつる病気ではありません。 

 
ポリオ

神経が侵されて筋肉が麻痺する病気です。人の便の中に排泄されたポリオウイルスが人の口から入り、咽頭または腸から吸収されて感染します。成人が感染することもありますが、乳幼児がかかることが多い病気です。日本では自然感染による患者発生はありませんが、一部の国では今でもポリオ流行があり、いつ国内に入ってくるかわからないのでワクチン接種は欠かせません。

ヒブ(インフルエンザ菌b型)定期接種

脳や脊髄を包んでいる髄膜に細菌やウイルスが感染して炎症が起こる病気が髄膜炎です。髄膜炎のなかでも,細菌が原因で発症する「細菌性髄膜炎」は、早期診断がとても難しく、治療後の経過が悪く後遺症が残るなど特に問題となる病気です。 「Hib(ヒブ)」と呼ばれる細菌による細菌性髄膜炎(ヒブ髄膜炎)は,5歳未満の乳幼児がかかりやすく,特に生後3か月から2歳になるまではかかりやすいので注意が必要です。 2か月から小児用肺炎球菌ワクチンと同時接種で開始し、3か月からは小児用肺炎球菌ワクチン、四種混合(DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ))、または三種混合(DPT)ワクチンとの同時接種で45か月までに 終わる方が、早く抗体(免疫)ができるので、より望ましいです。

 

このページの上へ

小児用肺炎球菌定期接種

肺炎球菌は通常、鼻などに保菌していますが、抵抗力がある場合、何の問題も起りません。しかし小さな子どもは肺炎球菌に対する抵抗力をもっていない ため、比較的簡単に肺炎球菌に感染してしまいます。感染の箇所によって、「中耳炎」「肺炎」「菌血症」「細菌性髄膜炎」などを発症します。子どもの肺炎球 菌感染症は,子ども用の肺炎球菌ワクチンで予防できます。 2か月の誕生日から開始して、4週(中27日)間隔で3回受け、1歳を過ぎたら追加接種を1回受けます。2か月でヒブワクチンと同時接種で開始して、3か 月からはヒブワクチン、四種混合(DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ))、または三種混合(DPT)ワクチンとの同時接種で7か月までに最初の3回接種が終わると早く抗体(免疫)ができるので、より望ましいです。

 

BCG定期接種

結核菌による髄膜炎や肺結核を防ぐための予防接種です。先天性免疫不全症の赤ちゃんには接種できません。生後5ヵ月~8ヵ月の期間に1回接種。接種時期は、四種混合(DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ))、または三種混合(DPT)ワクチンを3回受けた後の生後5か月ごろが最適です。

 

MR(麻しん風しん混合)ワクチン定期接種

麻しん

麻しんウイルスによって起こる、伝染力は大変強い病気です。約10日の潜伏期の後に、熱、鼻水、せき、目やになどが出ます。発熱3~4日目から体に赤い発しんが出てきます。ふつうは高熱が7~10日続きます。合併症も大変起こりやすく、気管支炎、肺炎、脳炎などを起こす場合があります。 国の定期接種は生後12か月からで、1歳代と、小学校入学前の2回、麻しん・風しん混合ワクチンを受けましょう。ただし、地域で大流行している時は生後6か月からの接種が勧められることがあります。

 
風しん

風しんウイルスによって起こる病気です。約2~3週間の潜伏期の後に熱が出て、首のリンパ節が腫れます。熱と同じ頃に体に赤い発しんが出てきます。発熱するのは3~4日間ですが、熱の出ない人もいて、多くの場合はかぜ程度の症状です。妊娠初期の女性がかかると、お腹の子どもに影響が出る場合がありますので、注意しましょう。 国の定期接種は生後12か月からで、1歳代と、小学校入学前の2回、麻しん・風しん混合ワクチンチンを受けましょう。両親もワクチンを受けていなかったり、抗体がなくなっていれば、必ずワクチンを受けてください。

このページの上へ

日本脳炎定期接種

蚊の血液の中にある日本脳炎ウイルスが、人の体の中に入って感染します。かかっても多くの人は症状が出ませんが、一部の人に脳炎が起こります。日本脳炎のウイルスは豚の血液の中で増殖するので、養豚場の多い地域は注意が必要だといわれています。 1期は、6か月~7歳5か月までの間に3回の接種。1回目を接種後1~4週間空けて2回目を接種し、約1年後に追加接種を1回受けます。
2期は、9歳~12歳に1回接種します。

水痘(みずぼうそう)定期接種

水痘帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。伝染力は強いものです。感染年齢は生後すぐから多いのは、生後6か月から4歳頃です。保育園での感染も多いです。ふつう2~3週間の潜伏期の後に、熱が出て、体に虫さされのような赤い斑点が出てきます。1日くらいでそれが水ぶくれになり、強いかゆみとともに全身に広がります。熱は数日でおさまり、水ぶくれも黒いかさぶたがつくようになり、7日くらいでおさまります。脳炎や肺炎、皮膚の重い細菌感染症など多くの合併症にも注意しましょう。
国の任意接種では生後12か月からワクチンを受けます。流行しそうなときは必要に応じて1歳前でも接種することがあります。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)任意接種

おたふくかぜウイルスによる感染症です。2~3週間の潜伏期の後に、まず唾液腺(特に耳下腺)が腫れ、その後それ以外にも広がり、膵臓、卵巣、精巣だけでなく、脳を含めて全身に影響が出ます。耳下腺の腫れは、触ってもはっきりしたしこりに触れるわけではありませんが、周囲の人が見ると、腫れているのに気がつきます。しばらくすると反対側も腫れてきます。熱はあったり、なかったりです。合併症として、無菌性髄膜炎が100人に2人の割合で起こり、強い頭痛と、嘔吐することもあります。また、約千人に1人、難聴が起こり、片耳だけでなく、両方の耳が侵され完治することが困難といわれています。その他に、 脳炎を起こし障害が残ったり、死亡することもあります。1歳になったら接種することができます。

B型肝炎定期接種

B型肝炎ウイルスは、体内に入ると肝炎をおこし、長らく肝臓にすみつき、肝硬変や肝臓がんをひきおこします。
B型肝炎は母子感染や輸血だけでなく、知らない間にキャリアになった家族などから子どもへの感染もめずらしくありません。
日本では、妊婦がB型肝炎キャリアかどうかの検査をしているので、母子感染の心配がない子どもは、必ずしも生後すぐに摂取する必要はありませんが、3歳未満で感染すると慢性化しやすくなりますので、出来るだけ早く接種すれば免疫もでき易く、将来の肝硬変、肝臓がんを予防できます。
ワクチンは生後すぐから受けられますが、通常は生後1~2ヵ月から接種を始めるのがおすすめで、ヒブ、小児用肺炎球菌、ロタワクチンとの同時接種も可能です。

ロタウイルス任意接種

ロタウイルスにより、水のような下痢やそれに伴う嘔吐がおこる「ロタウイルス胃腸炎」は、体内の水分と塩分を失い、脱水症状をおこします。
ワクチン接種により、下痢、嘔吐を防いだり、軽くしたりして、点滴や入院が必要になるほどの重症例を減らすことにより、脳炎などの重い合併症も防ぎます。

子宮頚がん任意接種

子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。
また、がんがもっと進行してしまった場合は、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。
子宮頸がんは20代前半からかかり、20代、30代の若い女性が多くかかっているのが現実です。

このがんの原因はヒトパピローマウイルスというウイルスが原因であることが分かってきました。ヒトパピローマウイルス(HPV)は皮膚や粘膜に感染するウイルスで、100種類以上のタイプがありますが中でもHPV16型とHPV18型が主な原因といわれています。
子宮頸がん(しきゅうけいがん)ワクチンは、発がん性HPVの中の特にHPV16型とHPV 18型の感染を防ぐワクチンで、日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。 感染を防ぐための接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。

しかし、このワクチンは、すでに感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。 性行為開始前に接種を始めることが望ましく、日本では10歳以上の女性に接種できます。接種回数は合計5回もしくは2回で、筋肉注射します。

このページの上へ

おとなのワクチンほか

インフルエンザワクチン任意接種

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって起こる呼吸器の感染症で、主に冬に流行します。ふつうのかぜとは重症度が違い、朝夕変わらず38度以上の高熱、倦怠感、気管支炎、頭痛、関節・筋肉痛、のどの痛み、肺炎などの呼吸器の病気を起こすだけでなく、子どもの場合、熱性けいれん、異常行動(飛び降りなど)や、脳炎・脳症まで起こすことがあります。
伝染力も強く、子どもが家に持ち込んで、赤ちゃんや高齢者にうつすこともよくあります。

現在、原因になるウイルスには3種類(A香港型、Aソ連型、B型)あって、この3種類のウイルスの形や性質が年々少しずつ変わるので、感染の予防が難しい病気です。治療としては、いくつかの抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)があり、軽症化が期待できます。
しかし、発症してから服用しても、脳炎の予防までは期待できません。インフルエンザの根本的な対策にはワクチンが有効です。また、接種を受けていても脳炎の発生を防ぎきれないこともあります。しかし、ワクチンの接種によって発病が予防できるケースも当然たくさんあり、発病しなければ脳炎の予防にもなります。ワクチンを毎年受けるようにしましょう。

成人用肺炎球菌ワクチン任意接種

肺炎球菌感染症は、肺炎球菌による感染症です。肺炎球菌による肺炎、髄膜炎、中耳炎、副鼻腔炎、菌血症(敗血症)などです。
肺炎球菌は、人の鼻や口から体内に入り、鼻やのどの粘膜に付着・増殖し定着します。肺炎球菌を鼻やのどの粘膜に持っている人などが咳をすることによって生じた飛沫を吸い込むことなどがきっかけとなると考えられます。

鼻やのどの粘膜に定着した肺炎球菌は、そのまま何も起こさずに消滅してしまうことも多いのですが、冬季にインフルエンザで気管の粘膜が損傷を受けるなど、体を守る障壁が損傷を受けたようなときに、肺炎球菌感染症を発病する場合があります。
肺炎球菌による肺炎の発病は突然で、発熱・悪寒・震えなどの症状が見られ、痰を伴う咳、息切れ、呼吸回数の増加、胸膜性の胸の痛み、低酸素状態などもよく見られます。

抗菌薬(抗生物質)が効かない耐性菌が多く、予防が望まれています。
下記に当てはまる患者様は、予防に加え、かかっても重症化しないように、あらかじめワクチンの接種をしておくことが大切です。

  • 65歳以上の方
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者様
  • 糖尿病の患者様
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性心不全の方
  • 肝硬変など慢性肝疾患の方
  • 病気や免疫抑制療法のため感染症にかかりやすい方
  • 脾臓摘出などで脾機能不全のある方

接種時期や回数については、お気軽にお尋ねください。

大人用MR(麻しん風新混合)ワクチン任意接種

妊娠初期に風しんにかかると、胎児に影響します。妊娠中は、ワクチンを受けられませんが、妊娠前にMR(麻しん風しん混合)ワクチンを受けておく必要があります。
また、妊娠する可能性のある女性の配偶者、家族の方々にもワクチン接種がすすめられています。接種費用、補助についてはお問い合わせください。

このページの上へ